ブログ一覧

2020.12.25
裁判所の支部問題について      岡安知巳

横浜地方裁判所小田原支部は小田原城のすぐ近くにあります。

    ここでは横浜地方裁判所本庁で扱う事件のほとんど(裁判員裁判を含む。)を扱っていますが、        労働審判事件は扱っていません。

            日本弁護士会連合会(日弁連)は、裁判所の支部問題の一つとして             この労働審判事件を小田原支部でも扱ってほしいと声を上げています。

労働審判制度というのは,個々の労働者と事業主との間に生じた労働関係に関する紛争を,裁判所において,原則として3回以内の期日で,迅速,適正かつ実効的に解決することを目的として設けられた制度です。
手続はまず調停の形で進み、調停がまとまらない場合には審判がされます。
調停とは,裁判のように勝ち負けを決めるのではなく,話合いによりお互いが合意することで紛争の解決を図る手続です。裁判官である労働審判官1名と,労働関係に関する専門的な知識経験を有する労働審判員2名(使用者側、労働者側各1名)が当事者双方の話をよく聞き,解決に向けて調整をしてくれます。

労働審判のうち約7割は、この調停で迅速に解決できているようです。

        労働審判制度は,平成18年4月に,都道府県庁所在地にある裁判所(本庁)と、         全国で200以上ある支部のうち二つの支部(東京地裁立川支部、福岡地裁小倉支部) でスタートしました。

その後,労働審判制度の有用性が強く認識されるようになり,日弁連は,多くの支部で実施できるようにしようという方針を決めました。

平成26年9月には、日弁連と最高裁との間で労働審判の支部拡大の協議をすることが決まり、分析と協議を続けた結果、平成28年1月に静岡地裁浜松支部,長野地裁松本支部,広島地裁福山支部の3支部で開始することになりました(平成29年4月実施)。

実は,小田原支部も当初は候補地になっていたのですが,同支部管内の事件数,労働審判員の確保の難しさ、本庁までの移動時間が比較的短いことなどから早い段階で落選したようです。

労働審判実現に至った長野地裁松本支部では,パンプレットの作成,企業団体・労働者団体に県議会・最高裁に対する要望書への署名依頼,県議会や47の市町村議会での意見書採択,弊害事例の収集,日弁連キャラバンや支部サミットの開催など様々な取組をしていました。

弁護士の日常の業務をこなしながら、これだけの取組をするのは並大抵のことではありません。

これらの取組のうち日弁連キャラバンというのは,各地の弁護士会の取組や経験等を共有するための交流会です。

令和2年10月30日には,静岡県弁護士会沼津支部において,労働審判の支部拡大をテーマに日弁連キャラバンが開催され,私も参加してきました。

新型コロナウィルス感染症対策の観点から,定員約200名の会議室でしたが,現地参加者40名に絞り,ウェブ会議を併用して開催されました。

会の最後には、労働審判の支部拡大について運動を継続していくとの宣言が採択されました。

平成25年の神奈川県弁護士会県西支部総会では、横浜地裁小田原支部での労働審判実施を求める決議をしています。今後、改めて活動することになるかもしれません。

なお、神奈川県弁護士会では、来年度、支部サミットの開催を予定していますが、そのテーマは、裁判所の支部問題のうち家庭裁判所の充実です。

具体的には、家事事件を扱っていない裁判所(藤沢簡裁などの独立簡裁)にも家庭裁判所の出張所を設けて、家事調停や後見人の選任監督ができるようにしようというものです。
詳しくは次回に譲ります。
            以上


2020.12.15
年末年始休業期間のお知らせ

まちかど法律事務所は、令和2年12月29日(火)から、令和3年1月5日(火)まで、年末年始の休業期間とさせていただきます。

令和3年は1月6日(水)からの営業開始となります。

何卒、ご理解願います。

 


2020.08.05
夏季休業期間のお知らせ

まちかど法律事務所は、
令和2年8月11日(火)から、令和2年8月14日(金)まで、夏季の休業期間とさせていただきます。
なにとぞ、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


2020.04.10
まちかど法律事務所のCOVID-19緊急時体制について

 当事務所(まちかど法律事務所)では、政府の緊急事態宣言、神奈川県の外出自粛要請、裁判所の期日延期措置をうけて、4月13日月曜日から、事務職員の出勤日出勤時間を大きく削減することに致しました。
 そして、全てのお客様からの電話連絡に対して、基本的に留守番電話対応とする緊急時体制をとることになりました。
 不便をおかけすることになり、申し訳ございません。

 とはいえ、平日はほぼ毎日、4名の弁護士のうち誰かは事務所に出てきますので、貴殿が留守番電話をお残し頂ければ、それを聞いて、こちらからご連絡します。
 メールやFAX、お手紙によるご連絡に対しては従来どおり対応いたします。

 たいへん申し訳ございませんが、今日の事態を一日も早く収束させるため、当事務所としても可能な限り協力すべきと考えての決断ですので、何卒ご理解願います。

⇒ 緊急事態宣言解除を受けて、現在では通常の状態に戻っています。


2019.11.29
年末年始休業期間のお知らせ

まちかど法律事務所は、
令和元年12月28日(土)から、令和2年1月5日(日)まで、年末年始の休業期間とさせていただきます。
令和2年は1月6日(月)からの営業開始となります。
なにとぞ、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


2019.11.06
数年前から、テニスを始めました  井田治子

中学時代に軟式テニスの経験が少しありますが,硬式テニスははじめてに近いです。
はじめたきっかけは,運動不足解消のためでしたが,始めてみると,ボールがスイートスポットに当たった時の気持ちよさや,テニスの紳士的なところなどに魅力を感じ,すぐに,ラケットを持つのが楽しみになりました。
運動不足解消以外の大きな利点は,ボールを追っている間は,他のことが全部頭から消えることです。これは,スポーツの大きな効用の一つではないでしょうか。
それまで関心がなかった国際大会の中継を見たり,有名選手のニュースに注目したりするようにもなり,テニスの世界一層に引き付けられていきました。
最近は,大きな大会で活躍する日本人選手が増えてきたことで,大会の中継を見るのが一層楽しみになりました。
苦手なボレーがいつまでたっても進歩せず,やる気を失っていると,ある時ふと上達を実感できる日があったり,時間を空けてもう一度チャレンジしたら,不思議とうまくできたり,ということがあり,思い通りにならないところも,魅力の一つかもしれません。
多くのスポーツがそうかもしれませんが,テニスは,メンタルの部分が大きく影響するように思います。「この人のサーブは苦手だな」と,思いながら対戦すると,いつも以上に失敗してしまったりします。他の人のプレイを見ていると,ストロークやプレイのやり方には,少なからず性格が反映されると感じます。いつか,自分のプレイを客観的に見る機会があれば,とても面白いだろうと思います。
これからも,技術のみでなくメンタルも鍛えつつ,楽しく体を動かしていけたらと思います。


2019.08.06
夏季休業期間のお知らせ

まちかど法律事務所は、2019年8月13日(火)から16日(金)まで、夏季休業期間としてお休みを頂きます。

緊急の連絡などがある場合には、留守番電話にメッセージをお残し頂くか、当サイト内のメールフォームでご連絡下さい。


2019.04.25
子の引き渡しに関して思うこと     石森加奈子

 離婚問題に直面すると,両親のどちらかが子どもを連れて家を出てしまう,ということがまま起こります。
 この場合,一方当事者が子どもを連れ戻したいと思い,当事者間で話し合っても解決しない場合には,裁判所を通じ子を引き渡してもらうべく,子の引き渡し・監護者指定の審判等を申し立てることになります(ほとんどの場合審判前の仮処分もつけて)。こうして,裁判所で,引き渡しを認めるべきか否か(どちらが監護することが適切か)が判断されることになります。

 そんなときに,裁判所で用いられる基準のなかで,大変大きなウェートを占めていると思われるものに,「母性優先の原則」というものがあります。これは,乳幼児期の子どもの情緒的安定のためには母子の相互関係が大変重要であることに鑑み,(生物学的な母親ではなく)母親的な関わりをもってきた者を監護者とすべきだ,という基準です。

 これについて,私自身,疑問を感じていた時期もあります。しかし,子どもを産んで育ててみると,やはり,乳幼児の時期には子どもにとって母親の存在はとても大きいと感じるようになりました。うちの場合は夫もかなり育児に関わってくれていますが,それでも,子どもが不安を覚えるような環境で抱っこを求めるのは,現在のところ,私です。乳児期のいわゆる「ファーストパーソン」(子どもが一番信頼をおいてなついている人)は,その後の成長過程でも子どもに大きな安心を与える存在なんだと思います。

 そしてこのような基準の存在から,それまで母性的な関わりをしてこなかった親が,子どもを連れて家を出たとしても,他方の親が子の引き渡しと監護者の指定を申し立てれば,認められることがほとんどです。実際に,私が関わってきた子の引き渡し事件では,今のところ全てにおいて,子どもが乳幼児の場合には,母親側に監護権と子の引き渡しが認められています。

 そして,その場合,子どもは,一定期間母性的な関わりをしてきた親から引き離されて,違う環境で養育された上,結局もとの環境に戻されることになるわけですが・・・養育環境や監護者がころころ変わることが,子どもにとってマイナスであることは明らかです。

 それ以上に問題だと思うのが,その後の面会交流に与える影響です。一方が子どもを連れて行ってしまって,引き渡しで法廷闘争までした場合には,両親の信頼関係は最悪です。そのため,裁判所を通じて監護者が決められたとして,その後の面会を行うときに,スムーズにいくはずはありません。

 女性の社会進出が進み,父親も子育てに関わることが多くなった昨今,親権をどうしても取りたいという男性からの相談も多くなっています。このような相談に対して,母性優先の原則を説明し,親権をとりたかったら子どもを連れ去ってしばらく育てなければ難しい,と暗に連れ去りを肯定するような説明をする人がいるとも聞いています。

 でも,親権をとりたいがために,子どもを連れて家を出ようと考えている人がいたら,少しだけ考えてみてください。連れ去って,他方が引き渡しを申し立てて認められた場合には,子どもは何度も環境の変化に対応しなければなりません。また,一度連れ去りをして,子を監護していく親との信頼関係が損なわれた場合には,簡単には子どもと面会することができなくなるかもしれません。子どもにとってプラスになることはあるのでしょうか。

 離婚等により両方の親と暮らすことはできなくなったとしても,子どもにとって少しでも良い環境を作ってあげられるように,両親ともに考えて行動してほしいなと思うことが多く,こんなブログを書かせてもらいました。

 なお,母性優先の原則からすると,父親が子どもにとって母親的な関わりをしてきた「ファーストパーソン」である場合には,裁判所も,父親に監護権を認めるべきでしょう。しかし,父親が主として育児をしてきたという家庭をイメージできる人はまだ少ないというのが現状です。そのため,父親が監護権を得ようとする場合,それまでの子の監護実態についてとても丁寧な主張・立証が必要になると思います。子どもにとって父親による監護が最良なのであれば,そのような主張をするお手伝いもできたら良いなと考えています。


2019.03.12
井田治子弁護士が入所しました!!

平成31年3月1日から井田治子弁護士が まちかど法律事務所に新たに加わりました。


2018.12.10
年末年始休業期間のお知らせ

 まちかど法律事務所は、12月28日(金)から、平成31年1月6日(日)まで、年末年始の休業期間とさせていただきます。

 平成31年は1月7日(月)からの営業開始となります。

 ご迷惑をおかけしますが、なにとぞ、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


PAGE TOP