私たち(まちかど法律事務所)の使い方

私たち(まちかど法律事務所)の使い方

弁護士といえば、誰かとけんかをする時に使うものだと思っていませんか。

確かに、トラブルを世の中のルール(つまり法律)に従って解決することが、私たち弁護士の仕事のひとつではありますが、それだけが私たちの仕事ではありません。

まず第一に、将来トラブルが起こらないようにするために、備えておくべきことをお伝えしたり、お手伝いをすることは私たちの仕事のひとつです。
例えば、遺言を書いておけば相続人間のトラブルを予防することができるということはよく言われています。ただ、遺言を作りさえすればトラブルを予防できるということではありません。遺言があっても、もめるときはもめます。
けれども、できる限りもめずにすむよう、また仮にもめても重大な結果にまではならないよう、ご事情に合わせて遺言の内容を工夫することが大切なのです。

第二に、言いにくいことを言えなくて困るとき、「弁護士のせい」にしてみては如何ですか。

・例えば、友人にお金を貸したけど、お世話になったから返してとは言いにくい。
・例えば、勤めていた会社を退職した後、お世話になった社長のことを思うと払ってもらえなかった残業代や退職金を請求するのは気がひける。
・例えば、自分の事情で夫と別れることになったのに、夫に子どもたちの養育費を請求するのは気がひける。
・例えば、高齢の親がお世話になっている施設に待遇改善を求めるのは気がひける。

人間関係のしがらみで、本当は言いたいことだけれど自分で言うのは気がひけるから、つい遠慮してしまう。ということは色々あるでしょう。そんなとき弁護士をとおして相手に伝えれば、自分で言うよりずっと気持ちが楽なはずです。
相手もあなたを直接相手にしなくてすみますから、もしかすると人間関係はなんとか維持できるかもしれません。

それに普通の場合、私たちはいきなり訴訟を起こすわけではありません。まずはこちらの立場を説明して話し合いによる解決を求めます。相手の人もあなたと訴訟になることは望んでいないでしょうから、私たちをとおして話し合いをすることによって、訴訟などにならずに話し合いで解決することも少なくありません(ただ、相手のあることなので、こればっかりはお約束まではできませんが・・・)。

 あなたが言いにくいことを伝えたのは「悪い弁護士にそそのかされたから」と思い込むことにして、あなたはそれまで通りにふるまってみてはどうでしょう。

その他にもいろいろあります。
例えば、親戚や友人からお金を借りる時。またはあなたの事業に出資をお願いしたい時。お願いされた相手もあなたに気を遣って厳しいことは言い難いでしょう。
そのままでは相手の本音を引き出せないまま、コミュニケーション不足からまとまる話もまとまらなくなってしまうかもしれません。そんな時、相手を納得させてお金を出してもらうためには、相手も納得できて法律的にもしっかりした条件を分かりやすくもちかけることが有効です。相手に納得してもらえて、実現可能な条件を契約書に盛り込んでお願いすることが考えられます。
そんな契約書の文案づくりや相手の方へのご説明・ご提案をお手伝いします。

例えば、離婚することになったとき。相手と話し合いで特にもめることなく子どものことやお金のことなどの条件もまとまりそう。決まったことをきちんと書いて残しておきたいけど、どう書いてよいのか分からない。そんな時には2人の話をきいて、約束ごとを文書にするお手伝いもできます。

法律の世界でも日々いろいろな変化があります。その中で私たちが気になること。
平成27年1月から相続税の基礎控除額が引き下げになり、相続税を支払わなければならない人が増えました。
しかも平成28年12月19日の最高裁判決によって、預貯金も家庭裁判所の遺産分割審判の対象となり、金融機関は相続人による預貯金に引き出しにこれまで以上に慎重になるものと思われます。
そのため相続人間のトラブルのため預貯金が引き出せず、相続税の支払いができない、多額の延滞税の支払いを余儀なくされる、といったケースも起こり得ます。
相続税の支払いのために預貯金を残しておけば大丈夫と考えている方は多いと思いますが、これからはもう一歩進んだ準備が必要かもしれません。

このほかにも、ここにはとても書ききれないくらい、いろいろな場面でお手伝いができるのではないかと考えています。
是非お電話であなたの事情をお話ししてみてください。

PAGE TOP